話題の卵殻膜!高濃度卵殻膜エキスパワーでハリを実感?目指せぷるぷる赤ちゃんのような肌!

今、注目されてる「Ⅲ型コラーゲン」って知ってますか?

コラーゲンにはいくつかの型があるんだけど、その中でもⅢ型コラーゲンは

肌の弾力やハリに関わりがあるコラーゲンなんですよ~。

そんな「Ⅲ型コラーゲン」を生み出してくれるのが「卵殻膜

「卵殻膜」とは卵の殻と白身の間にある0.07mmほどの薄い膜の事で、

この卵殻膜には人の肌に近い18種種類のアミノ酸コラーゲンヒアルロン酸シアル酸

ロテオグリカン・などが自然な形で含まれてるんです。

そしてその効果はというと、透明感潤いキメを整える浸透吸収ハリツヤ弾力

など様々な嬉しい効果があるんです♡

そんな卵殻膜の研究をしてる会社「アルマード」さんが東京大学と共同で研究開発した

美容液があるんです。

それがこれ  卵殻膜エキス配合美容液「チェルラーブリリオ」

高濃度の最新卵殻膜エキスがなんと95%も配合されてるうえに、美容業界でも注目されてる

美容成分のフラーレンやEGF、3種類の幹細胞エキスなどが配合されてるんです。

あまりの人気にSOLD OUTになってたんだけど、今回バージョンアップして登場したんです。

赤ちゃんの肌があんなにもプルプルでモチモチしてるのは「Ⅲ型コラーゲン」が

多く含まれてるからなんです。

私達にも元々はあったんですよ~「Ⅲ型コラーゲン」(笑)

でも、25歳を境に減少していっちゃうんです。

そんな減少してしまった「Ⅲ型コラーゲン」を増やしてくれる働きがあるのが

「卵殻膜」なんです。

それに肌のハリの元となる線維芽細胞がⅢ型コラーゲンと、ハリを支えるエラスチンや

ヒアルロン酸を作り出してくれるんです。

卵殻膜には沢山のアミノ酸が含まれてるんだけど、その中でも美容に大切なアミノ酸

シスミン」という成分の割合がとっても多いんです。

この「シスミン」は私達の皮膚や髪などにも含まれてる成分で、体内でL-システインに

変化して、肌にツヤを与えたり、シミやそばかすのもとそばかすになるメラニンの生成を

抑制する働きをしてくれるんです。

卵殻膜」は肌の細胞を活発にしてくれる働きがあるので、代謝が活発になって細胞レベルで

うるおう肌へと導いてくれるんです。

チェルラーブリリオは、導入美容液なので洗顔後1番に使います。

人の肌に近い成分で出来てるので、洗顔した後のまっさらな肌に使う事によって

浸透が良いんだそうです。

サラッとしたテクスチャーで、すっと肌になじんでいきます。

使う量はたった2~3滴。

馴染みが良いので2~3回つけたくなっちゃいます(笑)

でも私は特に目元と口元・ほうれい線には重ね付けしてますけどね~

朝起きたらね、ほうれい線がふっくらしてるんですよ~

それに触ると肌がふわふわしてて元気になった感じがするんです。

あくまでも自分の感じだけど。

でも、確実にうるおい感は実感できますね~

そうとうⅢ型コラーゲンが不足してたんでしょうね(笑)

いつものスキンケアにプラスするだけなので、簡単に高濃度卵殻膜エキスパワーを

実感することが出来ますよ~

チェルラーブリリオは美容成分がバランスよく贅沢に配合された、

極上エイジングの美容液ですね~♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆきぴ より:

    こんにちは。
    ブログランキングからきました。
    「Ⅲ型コラーゲン」初めて聞きました。
    肌のハリには必要なんですね。
    こちらの商品参考にさせていただきます。
    ポチっと応援して帰ります。
    情報ありがとうございます。

    • ウォンカ より:

      こんにちは!
      訪問有難うございます。
      「Ⅲ型コラーゲン」は赤ちゃんの肌に多く含まれてるコラーゲンで
      主に肌の弾力を保ってくれるコラーゲンなんだそうですよ~
      どんどん減ってしまうので、積極的に取り入れたいですよね~