「リッツ シェイプモイスト ローション」は植物幹細胞由来成分が配合された幹細胞コスメ!その保湿力は?

今、流行りつつある幹細胞!!

エステでも幹細胞のコースがあるぐらいだから

これから注目されそうですね~

1か月ほど前も、通りかかったドラッグストアの前で

化粧品のイベントやってたんです。

その時やってたのが、植物幹細胞コスメの「リッツ

イベントでお試しさせてもらったら

すごくしっとりしてビックリ!

ずーっと気になってたので、実際に使ってみる事にしました。

幹細胞コスメとは?

幹細胞は「細胞を作り出す細胞」として、再生医療や美容業界から注目を集めている細胞で、

肌のターンオーバーを正常にする表皮幹細胞と、肌にハリや弾力を与える真皮幹細胞

2種類の幹細胞が再生しようとする力によって、肌トラブルの原因にアプローチしてくれる

最先端のアンチエイジングなんです。

幹細胞には、ヒト幹細胞動物幹細胞植物幹細胞の3つの種類があります。

 ヒト幹細胞とは。

ヒト脂肪由来・ヒト線維芽細胞由来のヒト幹細胞培養エキス。

ヒト由来なので肌にも合いやすくて、高い効果が期待できるんだけど

コスト的に高いのが難点なんです。

 動物幹細胞とは。

植物から抽出される幹細胞を、人工培養で増やした細胞から抽出したエキス。

植物由来なので安全性が高くて、リーズナブルなんです。

 動物幹細胞とは。

幼い羊の毛根や羊のプラセンタから抽出した幹細胞エキス。

ヒトの幹細胞に近いと言われてるので、肌なじみは良いんだけど

安全性をチェックする必要がありますね~。

リッツ シェイプモイスト ローションとは

雑誌「LDK」の定番コスメ辛口大検証化粧水部門

1位を獲得した商品なんです~。

リッツ シェイプモイスト ローション

リッツ商品は、本気のスキンケアをしたい人のための「シェイプモイストシリーズ」と

本気のエイジングケアをしたい人のための「リバイバルシリーズ」があります。

シェイプモイスト ローションは、本気のスキンケアをしたい人のための

「シェイプモイストシリーズ」で、たっぷり保湿しながら肌をひきしめて、

キメが整った毛穴の目立たない、つややかな肌に導いてくれます。

高い保水能力があるプロテオグリカンセラミド、

「女性の果実」と言われるザクロから抽出したザクロエキス

オタネニンジン根エキスなど、

肌の潤いを保つ美肌保湿成分がた~っぷり配合されてるんです。

しっとりだけどベタつかない、浸透型ローションだから、

乾燥が気になる肌にスーッとなじんで、引き締めながらうるおいで満たしてくれて

なめらかでみずみずしいツヤ肌へと導いてくれます。

うるおい成分の「カプセルコラーゲン」と、お肌ひきしめ成分の「キュアパッション」が

配合されてて、たっぷり保湿しながら肌をひきしめ、肌を乾燥から守ってくれるんです。

キュアパッションとは、パッションフルーツ由来の植物エキスで、

お肌をキュッと引き締めて、キメの整ったなめらかな肌に導びいてくれます。

カプセルコラーゲンとは、肌への浸透力が高い加水分解コラーゲン

ナノカプセルに閉じ込めた、リッツオリジナルの複合成分なんです。

カプセルの中のコラーゲンを放出した後は、カプセル自体も保湿成分として

角質層に潤いを与えてくれるんです。

リッツ シェイプモイスト ローションの使い心地は?

片手で蓋がポンッて開けれるので使いやすいです。

毎日の使う物なので使いやすさは大切ですよね~

乳白色で、少しとろみのあるテクスチャー

のびは良いんだけど、スーッと即浸透!っていう感じではなくて

ジワジワ~と浸透していくって感じです。

ハンドプレスで押し込むように肌に入れてあげると

肌がモチモチになるのでオススメですよ。

私は2回に分けてハンドプレスで入れ込んでます。

入れ込んだ後は、手にピタピタとくっつく位の保湿力があって

さらに馴染ませていくと、ベタつき感がなくなって

しっとりもっちり肌になってます。

美容液やクリームをつけなくても、翌朝つっぱる事もなくしっかり保湿されてましたよ~

保湿力に関しては結構あるなぁ~って思えるローションで、

特に香りも無くて、クセも刺激もないので使いやすいローションです♪

植物幹細胞由来成分配合なので、エイジングケア効果も期待できそう❤

それにコスパも良いので、気にせずたっぷり使えるのも嬉しいですね~

パラベン、アルコール、着色料、石油系界面活性剤、香料、鉱物油は

使われてないので安心して使うことができるし、

保湿力もしっかりあるので、乾燥が気になるこれからの季節には

これ、使えるローションですね~♪

リッツ シェイプモイスト ローション

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする