引き締め専用美顔器、NEWAリフト(ニューア・リフト)の効果は?

いつも鏡を見た時に一番に目が行く場所が「ほうれい線」なんです⤵

ほうれい線があるだけで、年取って見えちゃうんですよね~

このほうれい線をどうにかしたい!

前に美容院で雑誌を読んでる時に見つけたのが、有名芸能人や、美容専門家、

有名スタイリストなど多くの人が使ってる引き締め専用の美顔器

【NEWAリフト】 (ニューア・リフト)

某有名コスメ系のクチコミランキングでも1位になってるし、

ビフォーアフターの写真を見ても、ほとんどの人がリフトアップの効果が出てて

すごい気になる美顔器。

美容クリニックと同じように家でも効果を即実感することができて

使えば使うほどフェイスラインがすっきりする

医療機器メーカーが開発した、引き締め専用美顔器。

うわ~っ、めっちゃ気になる~

思い切って使ってみることにしました。

NEWAリフト(ニューア・リフト)とは?

【NEWAリフト】(ニューア・リフト)は高周波を利用した美顔器で、

その高周波が肌の深い部分に熱を発生させて、表情筋を刺激することで、

引き締め効果がある引き締め専用の美顔器なんです。

エステに行かなくても、自宅で手軽にリフトアップ効果の実感が期待できるんです。

NEWAリフト(ニューア・リフト)は他の美顔器とは違って、

エネルギーを皮膚の深層部まで到達させる3DEEPテクノロジー」が搭載されていてるので

皮膚の奥深いところまで熱を届ける事が出来るんです。

この「3DEEPテクノロジー」は特許技術なんです。

それにNEWAリフト(ニューア・リフト)は「サブマイクロ波」という高周波が使われてて、

これは最新技術なんだそうです。

「サブマイクロ波」というのは「ラジオ派」の事!

皮膚の奥深いコラーゲン繊維がエネルギーの熱に温められることによって収縮して

その収縮した繊維が修復される時に新しいいコラーゲンと入れ替わる。

コラーゲンの生成を活発にしてあげるためには熱が必要で、

熱を与える事によって、細胞は再生へと動き出すんだそうです。

凄い技術ですねっ

コラーゲンが増える事によって、たるみも改善されるって事なんですね~

NEWAリフト(ニューア・リフト)の使い方

右頬、左頬、あごの3箇所を各4分ずつお手入れしていきます。

専用のジェルが付いてて、ジェルをたっぷり使ってお手入れします。

ジェルは、無色透明無香料です。

ジェルの成分は

PGHCIポリアクリル酸Na水酸化Naメチルパラベンプロピルパラベン

とシンプルになってます。

このジェルを電極部分にたっぷりとのせます。

金属部分は金属アレルギーを起こしにくい素材になっているそうです。

右頬、左頬、あごの3箇所を各4分ずつトリートメントするので1回のお手入れは計12分

クルクルと縁を描きながら動かしていきます。

始めは青色のランプだけど、肌が温まってきたら緑のランプに変わるので

この緑を維持するようにします。

4分たつと自動的に電源が切れるので安心です。

使い続けると、だんだん引き締まってくるんですよ~。

NEWAリフト(ニューア・リフト)の効果は?

3ヵ月使ってみました~

使う前⬇

ほうれい線が嫌ですね~💦

使い始めて2ヵ月⬇

ほうれい線がだいぶマシになってきました~

そして3ヵ月⬇

使った直後なのでまだジェルが付いてる状態だけど、

あごのラインも少しシャープになったような…

気がするのは私だけ?(笑)

あ~っ、目を覆いたくなるアゴ😱

これ、ちょっといい感じじゃない?

これは使い続ける事で、もっとシャープになるような気がしてきました~。

実際NEWAリフトを使って満足してる方が多いですね~⬇

やりすぎはお肌によくないので、お手入れは1日おきにしてます。

使った後はお肌がポカポカしてて、めっちゃ気持ちが良いんですよ~💕

なによりクリニックに行かなくても、自宅でケアができるのが良いですね~❤

それに手軽に使えるし~

NEWAリフト(ニューア・リフト)の購入は?

通常で買うと62800円するんだけど、定期便にすると59300円なんです。

定期便って言っても、こっちが指定した間隔で、

ジェルを届けてくれるっていうサービスなんです。

それに利用回数にかかわらず、いつでも解約ができるんです。

初めは、ちょっと高いかなって思うかもしれないけど

医療用と同じ3DEEPテクノロジーが搭載されてて

自宅でクリニックと同じケアができて、なおかつ効果もあるのは

クリニックに行くよりも、費用も時間もかなりお得だと思います。

私もずっと続けていきたいなぁ~💕って思ってます。

公式ホームページ→医療メーカー開発美顔器【NEWAリフト】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする